【評価17点】VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ を徹底的にレビューしてみた

0.9
この記事は約14分で読めます。

「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」を機能、スペック・性能、使いやすさの観点から徹底的に評価・レビューしました。またメリットとデメリットも かんたんにまとめています。(全体的にちょっと厳し目に点数をつけているかな?)ぜひ選ぶ際の参考にしてみてください。

よろしければこちらもご覧ください
アンケート

スペック一覧

まずはスペックを確認してみましょう

VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ
画像
価格 ※価格は記載してなかったり、古い場合があります
メーカーVAIO
発売日2020年11月6日
大きさmm x mm x mm
重さkg
画面サイズ15.6インチ(1366 x 768)
画素密度100ppi
グレア加工
タッチパネル
CPU{CPU規格}
メモリDDR4 4GB
GPUIntel UHD Graphics 630
ストレージ容量HDD:500GB
電池持ち
OS
インターフェースHDMIx1/VGAx1/USB3.1 Gen1(USB3.0)x3/USB3.1 Gen2 Type-C、Thunderbolt3兼用x1/SDスロット
2in1
ブラック/シルバー/ホワイト/
その他Webカメラ/Bluetooth/日本語キーボード/テンキー
よろしければこちらもご覧ください

総合評価

まずは総合評価から

「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」の総合評価は17です。
(5段階評価 0.9

利用目的によって重要なポイントは変わってくるため、項目別の評価をしてみました。

オレンジが「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」の項目別点数となります。参考として本サイトで紹介しているノートパソコン平均値を赤線で表しています。赤線よりもオレンジの点数が高い場合は「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」の強みだと思ってください。

VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブの 画面の大きさ 画質 グラフィック描画 CPU性能 ストレージ 容量 メモリ性能 持ち運び 重さ 厚み 設置性 操作性 レーダーチャート

評価一覧です

評価項目点数
1. 画面の大きさ 評価67
2. 画質 評価2
3. グラフィック描画 評価2
4. CPU性能 評価54
5. ストレージ容量 評価32
6. ストレージ速度 評価20
7. メモリ性能 評価17
8. バッテリー 評価
9. 持ち運び 評価
10. 重さ 評価
11. 厚み 評価
総合評価17
よろしければこちらもご覧ください

メリット デメリット

「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」のメリット・デメリットをまとめると下記のようになります。

使い方や、好みによってはデメリットにならない項目もあります。何を大事にするかをよく検討してみてください。

良い点・メリット

  • 画面が大きいため作業がしやすく、目が疲れにくい
  • 全体的な動作が滑らかでサクサク動く性能
  • 高い性能を必要としない処理ならサクサク動く
  • ストレージにコストがかかっていない分お手頃価格
  • メモリが少ない分コストが安め
  • (グラフィック性能確認中)

悪い点・デメリット

  • バッテリーの状況によっては電池持ちが悪い可能性あり
  • ストレージ容量が少なく画像や動画の保存には適さない
  • メモリ不足になる可能性が高い
よろしければこちらもご覧ください

項目別評価

画面の大きさ評価

ディスプレイサイズ

現在、評価中です

画面のきれいさ評価

画面のきれいさ

きれいさ評価ひとことポイント
2一昔前の画質

「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」のディスプレイ解像度は1366 x 768で、ディスプレイ画素数は100ppiです。

ディスプレイの表面は、光の映り込みがなく目が疲れないノングレア処理がされています

一昔前の画質です。

映画鑑賞やゲームのように高画質を求めている人にとっては物足りなく感じるでしょう。

あくまで資料の確認や簡単なネットサーフィンする上で最低限必要な画質と考えた方がよいです。

画像や映像をよく見る人にとっては性能不足ですので、そういった用途を求める人はもっと画質の高いものを選んだ方がよいでしょう。

ただし、文章を見る分には特に大きな問題はないため、スケジュールや資料の確認等の用途のためでしたらこの画質でも問題ないと言えるでしょう。

タッチパネルは意外に便利です。興味がある方はこちらの記事をチェック


グラフィック描画性能 評価

CPU

現在、評価中です

グラフィック性能のpassmark値と合わせて、種類や選び方については、こちらの記事で解説しています!

グラフィック描画性能はpassmarkスコアで判断しよう
近年、ゲーミングPCが一般的になり、今や小学生ですら自分専用のゲーミングPCを持つ時代です。 一口にゲーミングPCと言っても価格帯、メーカー、種類があり「ゲーミングパソコンが欲しいけどどれを買ったらいいかわからない..」とお悩みの方も...

CPU処理性能 評価(マルチ/シングル)

CPU

マルチコアCPU性能評価ひとことポイント
54重い処理を複数同時に動かしても問題ない

Intel Core i5-9300H @ 2.40GHzを採用しており、その性能は2.4(GHz) x 4(core)となります。

マルチコアにおけるCPUのスコア(passmark値)は7806で、シングルコアのスコアは2353です。

動画編集やゲームユーザなどのパワーユーザはマルチコア性能を意識すればよいですが、そうでない場合はシングルコアのスコアを見たほうが良い場合があります。

ノートパソコンとしては最高クラスの性能です。

ライトユーザーの人が普段通り使っていてストレスを感じることはまずないでしょう。

また、高画質のゲームや3Dゲームも最高の設定で快適に遊べるますし、動画や画像の編集などもストレスフリーで行えます。

かなり重い処理を複数同時に動かしても問題ないでしょう。

高性能なPCを探していてある程度負荷がかかっても処理落ちしないタフなPCを探している人にはぴったりです。

CG作成などかなり高負荷な作業をしたい人にもおすすめできます。


Single Thread Rating 評価
1CPUの性能ひとことポイント
57平均レベルの1CPUの性能

1CPUの性能(Single Thread Rating)はpassmark値で2353です。

このノートパソコンの1CPUの性能は平均です。Word、PowerPointを利用する際にはストレスは感じないレベルだと思われます。Excelで大量に数式を組み込んでいる場合はマルチコア性能の大きさを気にしましょう。仕事で常用するかと言われると個人的には避けたいですね。


現在ほとんどのソフトはマルチコアに対応していません。マルチコア非対応のソフトを利用している場合は、マルチコア性能より1CPUの性能値を重視したほうが良いです。

雑な言い方をすれば動画編集やゲームユーザなどのパワーユーザでない限りは1CPUの性能が高いパソコンを選んだ方がよいでしょう。もちろん1CPUの性能もマルチコア性能も高いパソコンであれば言う事はありませんが、だいたい価格が高いです。

ソフトが対応しておらず性能を無駄にするぐらいなら、安くて1CPUの性能が高いノートパソコンを選んだほうが良いかと思います。


シングルコア性能の話は、Excelなど事務作業でのノートパソコンの選び方のポイントと合わせて、こちらの記事で解説しています!

ノートパソコンでExcelやWordを快適に使うために注意するべきたった1つのポイント
ノートパソコンではWEB閲覧やメールをする以外にも、ExcelやWordを利用する人が多いと思います。 特にExcelは計算式を大量に組み込むと速度が遅くなりがちです。vlookupなど多様した「簡易的データベース」なんて作ってたら、...

メモリ処理性能

メモリ性能

メモリ性能評価ひとことポイント
17負荷が小さい作業を行っていてもメモリー容量不足に陥る可能性あり

「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」はDDR4を採用しており、そのメモリ容量は4GBとなります。

インターネットブラウザでの簡単な検索やあまり重くないソフトの利用が辛うじてできるくらいの性能ですが、負荷が小さい作業を行っていてもメモリー容量不足に陥る可能性があります。

また、最新のOSを利用する場合、それだけでもメモリが一杯になってしまうと考えられるので、サクサク動くPCを求めている人や動画や複数の作業を並行して行いたい人には向いていないでしょう。

あまりPCを普段使用しない人や簡単な作業やネットサーフィンしかしない人向けです。


保存容量や速度

ストレージ

容量評価ひとことポイント
32音楽のデータや画像・映像などを保存することがない人向き
ストレージタイプ実装サイズ(GB)
Optane 超高速
M.2 超高速
SSD 高速
SSHD
UFS
eMMC
HDD(7200rpm) 低速
HDD(5400rpm) 低速500
合計 ?500

「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」はHDD:500GBを採用しており、その保存容量は合計500GBとなります。起動速度に関係する速度スコアは2.0です。※速度スコアは独自算出

500GBという容量は、ストレージ容量としては小さい部類になります。

データ容量が大きなゲームや長時間の映像や高画質の画像データなどを保存していくと少し足りなくなる場合があるかもしれません。

しかし、ネットサーフィンや資料作成などの用途でしたらストレスフリーで行えます。

あまり音楽のデータや画像・映像などを保存することがない人向きです。大量の音楽のデータなどを保存したい人はもう少し大きいサイズを検討するのもよいでしょう。

ライトユーザーでしたら問題ないサイズと言えます。

ストレージの種類や選び方について知りたい人はこちらの記事をチェック

HDD vs SSD vs SSDH vs Optane vs eMMC vs UFS をメリットデメリットで解説
最近はノートパソコンに採用されるストレージの種類が増えてきています。スピードや耐久性を踏まえて、ノートパソコンを快適に利用するために適切なストレージを選びましょう。 代表的なストレージ種類とメリットデメリット、そして利用シーンに沿った...

バッテリー・電池持ち評価

バッテリー性能

現在、評価中です


持ち運びやすさ評価

持ち運びやすさ

現在、評価中です

持ち運び重視派はノートパソコン+ポケットWifiが必須セット、下記の記事がオススメです


重さ kg=点

現在、評価中です

「VAIO S15 VJS1541 Core i5-9300H(2.40GHz)/4GB/HDD 500GB/DVDスーパーマルチドライブ」の厚み評価

厚み評価

現在、評価中です

置きやすさ・場所の取られぐあい

配置しやすさ

現在、評価中です

キーボード操作性

キーボードの使いやすさ

現在、評価中です

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました